私の映画鑑賞記

サイト概要

観た映画のあらすじや感想を好きに書いているサイトです。あくまで個人的な感想としてネタバレも若干含めて書いているので、その辺りはご容赦下さい。



エリア51

2015年製作(アメリカ)
監督:オーレン・ペリ
脚本:オーレン・ペリ
クリストファー・デナム

【主要キャスト】
 リード・ワーナー
 ダリン・ブラッグ
 ベン・ロヴナー
 イェレナ・ニク




<あらすじ>
陰謀論者のリードは、友人であるダリンとベンと共にパーティに参加したが、その日を境に様子がおかしくなる。
急に地球外生命体やエリア51について興味を持ち始め、家族からも距離を置くほどにのめり込んでいった。

その結果、彼はエリア51の真実を知るため、基地内に侵入することを決意し、3ヶ月掛けてアンモニア探知機や夜間暗視ゴーグルなどの機材を用意した。
リードはその後、エリア51侵入について意気投合したイェレナという女性とダリンを引き連れ、3人で決行の時を迎える。

<感想>
アメリカ・ネバダ州にある軍事基地「エリア51」の真相を暴くため、同基地に潜入した若者達をPOV視点で描いたモキュメンタリー作品です。
因みにこの作品の監督、「パラノーマル・アクティビティ」の監督でもあり、POV視点の映画が得意みたいですね。

さて、エリア51と言えば、かの有名な「ロズウェル事件」で、墜落したUFOと搭乗していた宇宙人を秘密裏に回収し、保管している基地という事で、UFOマニアにはお馴染みの場所でもありますね。
日本でも名前だけなら聞いたことある人が多いのではないでしょうか。

そんな場所に、血気にはやる若者達が侵入を試みるというのが、この映画のストーリーです。
前半は、若者らしくナンパ目的でパーティーに参加している主人公達ですが、その中の一人、リードという青年が突如様子がおかしくなります。眼の焦点も合わず、友人の問いかけにも上の空。

しかし、何故かそこから唐突に3ヶ月後の場面に切り替わり、エリア51侵入に向けて準備をしているシーンとなります。

個人的には、この間何があったのかをもう少し掘り下げて欲しかったですね。
何で彼がそこまでエリア51への侵入に拘るのか、動機に関する描写が殆どない状態で話がどんどん進んでしまうので、途中で「??」となってしまいます。
(まぁ、あのパーティーでの異常な行動がこの布石ではあったんでしょうけど)

動機が曖昧な割には、エリア51の職員の自宅を突き止めて侵入し、基地のIDカードを盗んだりと、正直言って「そこまでやるか!?」と言いたくなる程の危ない橋を渡りながら準備をするので、ちょっと気持ちが追いつきませんでしたね(笑)。
その点では、同行するイェレナという女性の方が、まだ侵入の動機がハッキリしていたかも。

その後、紆余曲折ありながらも、リードを含めた3名でエリア51の基地内に侵入していくんですが、中のシーンは割とドキドキしながら鑑賞できました。

奥に行けば行くほど怪しい部屋があり、反重力装置や、謎の液体、そしてUFOらしき謎の乗り物などが登場します。
宇宙人系が好きな人にとっては、割と盛り上がるシーンかも知れないですね。ある意味、お約束な感じの展開ではありましたが…。

そしてクライマックス、あるモノに襲われて逃げ惑う主人公達。POV視点の映画なので、当然ながら、この辺のシーンなんてもう何が写っているか判らない状態です。しかも暗いし。
でも仕方ないですよね。そりゃあ、ビデオカメラ持って逃げ惑えば、こういう映像になりますから(笑)。

そんな感じで、細かい部分で不満はあるものの、POV好きの私としては、全体としては割と楽しく鑑賞できました。
最期のオチは敢えて書きませんので、ご自身で観て確かめて下さい。


タイトルを選択してください。
邦画タイトル
(合作含む)
洋画タイトル
ジャンル別