私の映画鑑賞記

サイト概要

観た映画のあらすじや感想を好きに書いているサイトです。あくまで個人的な感想としてネタバレも若干含めて書いているので、その辺りはご容赦下さい。



フューリー

2014年製作(アメリカ)
監督   :デヴィッド・エアー
脚本   :デヴィッド・エアー
製作   :ビル・ブロック
デヴィッド・エアー
イーサン・スミス
ジョン・レッシャー
製作総指揮:ブラッド・ピット
サーシャ・シャピロ
アントン・レッシン
アレックス・オット
ベン・ウェイスブレン
音楽   :スティーヴン・プライス

【主要キャスト】
 ブラッド・ピット(ドン・“ウォーダディー”・コリアー)
 シャイア・ラブーフ(ボイド・“バイブル”・スワン)
 ローガン・ラーマン(ノーマン・“マシン”・エリソン)
 マイケル・ペーニャ(トリニ・“ゴルド”・ガルシア)
 ジョン・バーンサル(グレイディ・“クーンアス”・トラビス)
 ジェイソン・アイザックス(“オールドマン”・ワゴナー大尉)




<あらすじ>
1945年4月、連合国側は、ナチス・ドイツに対して最後の攻勢をかけるべく、軍を展開していた。
第2機甲師団のドン・”ウォーダディー”・コリアーは、自らが乗り込む戦車に「フューリー」号と名付け各地を転戦。しかし、直近の戦闘で副操縦士を失っていた。

補充として新兵のノーマン・エリソンが配属されたが、彼は元々はタイピストとして軍に加わった兵士であり、実戦経験は無く、戦車に至っては中を見た事すら無かった。

実戦配備された後も怖気づき、ドイツ兵を撃つことを躊躇うノーマンにウォーダディーは激怒。「教育」と称し、ドイツ兵捕虜の射殺を命じ、無理矢理引鉄を引かせた。

そんなノーマンとウォーダディーとの間にも、やがて徐々に絆が生まれていく。
それと同時に、自国民にも銃を向けるドイツ兵に憤ったノーマンは、敵兵に対し躊躇わず銃を撃つ”兵士”へと変わっていく。

<感想>
ストーリーとしては、よくある連合国軍vsドイツ軍の戦いを描いた映画ではありますが、中でも特徴的なのは、戦車に特化して戦争を描いているという点です。
これだけ戦車を前面に出している戦争映画は、他に記憶にありません。

なので、歩兵同士の白兵戦やスナイパーが活躍する市街戦などのシーンは、ほぼ皆無です。

とにかく、戦車でキュラキュラと進みながら、ドッカンドッカンと撃ちまくります!
もう、戦闘シーンではひたすら「Fire!!」「On the way!!」の連続です。
戦争で「カッコイイ」という表現が適切かどうかは置いといて、戦車同士のガチンコ対決は凄くカッコよく見えます。

そんな感じなので、この映画は正直言って、ストーリーはそんなに印象に残りません。観終わった後も、あれ?ストーリーってどんなんだったっけ?ってな具合でした(笑)。

でも、それを補うほどの戦車での戦いに、終始ワクワクしっ放しでした!
(最後はちょっとアメリカ無双過ぎて「う〜ん…」ってなりましたが)

しかも、実際のドイツ戦車「ティーガーI」を動かして撮影した心意気が素晴らしいですね。
ティーガーと戦う事の怖さも観ていて伝わってきました。

惜しいのは、ティーガー戦車との戦いが物語の中盤だったことですかね。個人的には、このシーンがクライマックスの方が良かったんじゃないかなぁという思いでした。

あとは、新兵ノーマンの成長についても見所の一つですね。
戦闘経験皆無のタイピング要員がいきなり戦車部隊に配属って、なかなかぶっ飛んだら設定(劇中では手違いで配属となってました)ですが、初戦であんなにビビってたのが、後半はドイツ将校に機関銃を浴びせて「Fuck you!!」ですからね(笑)。
彼も成長したなぁと感慨深かったです。まぁ、それと同時に、人をここまで変えてしまう戦争というものの恐怖も伝わってきましたが…。

という訳で、とにかく戦車を前面に出している戦争映画なので、戦車好きのミリオタ諸君は是非鑑賞してみてください!


タイトルを選択してください。
邦画タイトル
(合作含む)
洋画タイトル
ジャンル別