私の映画鑑賞記

サイト概要

観た映画のあらすじや感想を好きに書いているサイトです。あくまで個人的な感想としてネタバレも若干含めて書いているので、その辺りはご容赦下さい。



GANTZ PERFECT ANSWER

2011年製作(日本)
監督   :佐藤信介
脚本   :渡辺雄介
製作総指揮:奥田誠治
音楽   :川井憲次

【主要キャスト】
 二宮和也(玄野 計)
 松山ケンイチ(加藤 勝)
 吉高由里子(小島 多恵)
 田口トモロヲ(鈴木 良一)
 白石隼也(桜井 弘)
 伊藤歩(鮎川 映莉子)
 本郷奏多(西 丈一郎)
 綾野剛(黒服・壹)
 山田孝之(重田 正光)




<あらすじ>
千手観音との戦いで命を落とした加藤を生き返らせるため、玄野は星人との戦いを続けていた。
現実世界では、自分に思いを寄せる同級生の小島多恵と共に、加藤の幼い弟・歩の面倒を見ていたが、歩には「兄さんは遠くに仕事に出ていて、その内に戻る」とだけ伝え、歩もそれを信じていた。

GANTZでの戦いでは、玄野は古参である鈴木や桜井と共に得点を重ね、やがて新たな仲間も加わる。
いつしか玄野は、加藤だけでなく、GANTZでの戦いで死んでいった全ての人間を生き返らせ、解放させる事を目的として戦っていた。

そんな中、玄野は現実世界で、死んだはずの加藤に出会う。
突然の出来事に驚く玄野に、加藤は黒いボールの行方を訪ねた後、その場を立ち去る。

その日に玄野達は再びGANTZに召集され、「黒服星人」を倒すため、仲間と共に地下鉄に転送される。

<感想>
前作「GANTZ」の続編であり、千手観音との戦闘で死んだ加藤を生き返らせるために玄野は星人との戦いを続けている…という設定で始まります。
なお、冒頭で「ぱ〜と1の復習」と称して前作のあらすじが流れるので、前作を観ていない方でもストーリーの大筋は分かる様になっています。
この辺りは丁寧に作ってくれていますね。
因みに、前作はある程度原作に沿っていましたが、本作は漫画にはないオリジナルストーリーとなっています。

登場人物達も、前作からの古参メンバーに加え、新たなメンバーもしっかりと増えています。
しかも、彼らが実はGANTZの世界で過去に戦っていたという設定のため、始めから普通に強いんですよ。
前作のメンバーである玄野達も戦闘経験を積んでいるため、アクションシーンは全体的に前作より見応えがあったように思います。

一見戦いとは無縁そうなサラリーマンのおっさんや女子高生がGANTZスーツに身を包み、巧みな剣捌きで星人と戦うシーンがカッコよくて、これだけでそこそこ満足できました。

あとは、黒服星人役である綾野剛さんの星人っぷりがなかなか良かったですね。
多分、この頃はまだ今ほど売れてなかったと思いますが、その存在感は劇中でも際立っています。

ただ、ラストは個人的には「う〜ん」といった感じです。
決して期待外れという意味ではないのですが、玄野があそこまでする必要あったのかなぁと…。何だか腑に落ちないラストでした。

ただ、漫画原作の映画化としては、前作に引き続き、なかなか良く出来ていたと思います。


タイトルを選択してください。
邦画タイトル
(合作含む)
洋画タイトル
ジャンル別