私の映画鑑賞記

サイト概要

観た映画のあらすじや感想を好きに書いているサイトです。あくまで個人的な感想としてネタバレも若干含めて書いているので、その辺りはご容赦下さい。



ハッピー・デス・デイ

2017年製作(アメリカ)
監督:クリストファー・B・ランドン
脚本:スコット・ロブデル
製作:ジェイソン・ブラム
音楽:ベアー・マクレアリー

【主要キャスト】
 ジェシカ・ローテ(テレサ・ゲルブマン ”ツリー”)
 イズラエル・ブルサード(カーター・デイヴィス)
 ルビー・モディーン(ロリ・シュペングラー)
 レイチェル・マシューズ(ダニエル・ボーズマン)
 チャールズ・エイトキン(グレゴリー・バトラー)
 ロブ・メロ(ジョゼフ・トゥームズ)




<あらすじ>
女子大生のツリーは9月18日の朝、男子学生カーターのベッドで目を覚ます。
この日はツリーの誕生日であったが、昨夜飲み過ぎたために体調が優れず、カーターやルームメイトのロリに対して無愛想に振る舞った挙句、父親との食事の約束もすっぽかしてしまう。
その夜、パーティー会場に向かっていたツリーは、途中のトンネル内に無造作に置かれていたオルゴールに近づいた途端、不意に現れた、奇妙なお面をつけた謎の人物に殺害される。

…ところが、ツリーはカーターの部屋のベッドで再び目を覚ます。日付は9月18日。
訝しがるツリーであったが、その後もお面の人物に殺されては18日の朝に目を覚ますという出来事が繰り返し起こる。
この事から、ツリーは自分がタイムループの中にいる事を確信する。

<感想>
とある女子大生が、殺されては同じ日に目覚めるという、いわゆる「タイムループ」を繰り返しながら、自分を殺した犯人を探り当てていくという、新感覚のホラー映画です。

犯人が見つけられないまま殺されれば、また同じ日の朝に逆戻りしてやり直し。
しかも、記憶が引き継がれていくので、主人公は自分が殺されないよう、前とは別の行動をとり、そして犯人もまた別の方法で殺しにくる。これを繰り返しながら、徐々に真相を掴んでいきます。

本来、こういう映画は主人公が色々と推理をしながら、少しずつ証拠を集めて真相に近づいていくものですが、この映画のヒロインであるツリーは、そこまで頭がいいわけでも無い、普通(というには性格悪)の女子大生。
とにかく、片っ端から怪しいやつを追いかけて行き、失敗したら殺されてやり直すという、トライアンドエラーを繰り返していきます。

当のツリーも、どうせ殺されてもやり直せると段々開き直り、行動も大胆になっていくので、この犯人との応酬が想像以上に面白いです。

しかも、ツリーはパーティ大好き、男なら誰とでも寝る、父親からの電話はガン無視、ルームメイトがくれた誕生日祝いのカップケーキもゴミ箱にポイ捨て、極め付けはイケメン先生と不倫中という、もう絵に描いたような性悪女。

殺されても文句が言えないほどの事をやっている彼女ですが、これが何度も殺されていく内に、不思議と段々魅力的になっていくんですよ。
死んでやり直すたびに彼女は自分の行動を省みるので、死ねば死ぬほど、常識あるいい女に変わっていきます。
その結果、観ている側も徐々に彼女に感情移入し、逆に応援したい気持ちになっていきます。
こういうタイプのホラー映画って、なかなか珍しいのではないでしょうか。

ラストも個人的には予想外の展開で、なかなか悪くない感じでした。
所々に張り巡らされている伏線も最後にはちゃんと回収していて、ストーリーも良く出来ています。

こういう、楽しく観れるホラーというのも新鮮ですね。映画の雰囲気もそこまで暗くなくて、普通のホラーとはひと味違いました。
恐らく知名度はそれほど高くないと思いますが、ぜひオススメしたい映画です。


タイトルを選択してください。
邦画タイトル
(合作含む)
洋画タイトル
ジャンル別