私の映画鑑賞記

サイト概要

観た映画のあらすじや感想を好きに書いているサイトです。あくまで個人的な感想としてネタバレも若干含めて書いているので、その辺りはご容赦下さい。



ヒトラーに屈しなかった国王

2016年製作(ノルウェー)
監督   :エリック・ホッペ
脚本   :エリック・ホッペ、他
製作総指揮:ヘンリク・ツェイン、他
音楽   :ヨハン・セーデルクビスト

【主要キャスト】
 イェスパー・クリステンセン(ホーコン7世)
 アンドレス・バースモ・クリスティアンセン(オラフ)
 カール・マルコビアス(ブロイアー公使)




<あらすじ>
1940年、ノルウェーに侵攻したナチスドイツは、4月9日、遂に首都オスロに到達。 ノルウェー軍の必死の抵抗も虚しく、圧倒的な軍事力によって主要都市が次々と占拠されていく。
ドイツのブロイアー公使はノルウェーに降伏を要求するため、ノルウェー国王のホーコン7世との謁見を求め奔走。
程無くして謁見が実現するが、ホーコン7世はその場で、ナチスの要求に従い降伏するか、徹底抗戦を続けるかの選択を迫られる。

<感想>
この作品、主人公はタイトル通り、ノルウェー国王であるホーコン7世なのですが、ストーリーはドイツ公使ブロイアーを中心に進んでいるようにも感じました。
ブロイアーはノルウェーの立場も十分に尊重し、ドイツ軍の強引なやり方に反発、何とか平和的な解決をしようと奮闘しますが、それもなかなか報われず…。
だんだん、観ていて居たたまれなくなってきますよ。この状況でこの立場は辛過ぎです…。
ノルウェー国王の究極の選択も勿論見所ですが、それにも増して、ドイツ公使の苦悩が印象的な作品でした。

ちなみに、短時間ではありますが、少年兵の視点による戦闘シーンも描かれてます。
昨今の戦争映画のような派手さはありませんが、迫り来るドイツ軍を前に、「死ぬかもしれない」という緊張感が非常に伝わってきました。この映画の中で一番のポイントかも。


タイトルを選択してください。
邦画タイトル
(合作含む)
洋画タイトル
ジャンル別