私の映画鑑賞記

サイト概要

観た映画のあらすじや感想を好きに書いているサイトです。あくまで個人的な感想としてネタバレも若干含めて書いているので、その辺りはご容赦下さい。



アイアン・スカイ

2012年製作(フィンランド・ドイツ・オーストラリア合作)
監督:ティモ・ヴオレンソラ
脚本:マイケル・カレスニコ
ティモ・ヴオレンソラ
製作:テロ・カウコマー
オリヴァー・ダミアン
キャシー・エヴェレット
マーク・エヴェレット
サムリ・トルソンエン
音楽:ライバッハ

【主要キャスト】
 ユリア・ディーツェ(レナーテ・リヒター)
 ゲッツ・オットー(クラウス・アドラー)
 クリストファー・カービイ(ジェームズ・ワシントン)
 ウド・キア(コーツフライシュ総統)
 ティロ・プリュックナー(リヒター博士)
 ペータ・サージェント(ヴィヴィアン・ワグナー)
 ステファニー・ポール(アメリカ合衆国大統領)




<あらすじ>
2018年、アメリカ合衆国は大統領選挙を控え、その選挙キャンペーンの一環として、黒人モデルのジェームズ・ワシントンを月面に送り込んだ。
アームストロング船長が月面に降り立って以来、46年ぶりの月面着陸を果たしたワシントンてあったが、彼は偶然にも、月の裏側で建設されていたナチス・ドイツの基地を発見してしまう。

ナチスは、第二次世界大戦でのドイツ崩壊の際、極秘開発したロケットで月へと脱出していた。そして、地球侵略の機会を虎視眈々と狙っていたのである。

ジェームズはナチスの兵士に捕まり、捕虜として尋問を受ける。

一方、月面親衛隊准将クラウス・アドラーは科学者のリヒター博士と共に、開発中の巨大兵器「神々の黄昏」号の完成を目指していた。その結果、ジェームズが所持していたスマートフォンを使う事で完成に漕ぎ着けられる事を知る。

ところが、ジェームズのスマートフォンはバッテリー切れで使用不能となっていた。クラウスは更なるスマートフォンを求め、地球に向かう事を決意する。

<感想>
「第二次世界大戦で敗北したナチス・ドイツが月面に逃れ、地球侵略の機会を虎視眈々と狙っていた」という、如何にもB級臭しかしないトンデモ設定の本作ですが、これがまた、良い意味で期待を裏切り、かなり作り込まれた良作となっています。
(というより、問題作と表現した方が適切かも)

世界情勢や人種問題などを随所に取り入れつつ、全力で真面目にふざけている感じが堪らなく面白い映画です。

月面に建造されたナチス軍の基地が上から見るとハーケンクロイツになってたり、兵士のヘルメットが第二次大戦時のドイツ軍と同じ形だったり、将校達がサイドカーを使ってたりと、ナチスドイツについて知っている人なら思わずニヤリとしてしまう描写があちらこちらに散りばめられています。

おまけに月面で「ハイル・ヒトラー!」ですからね。もう観るからにヤバい映画と分かります。

かと思えば、地球側の描写も月面ナチスに劣らずぶっ飛んでます。

開始早々、「YES,SHE CAN!!」なんていう、どっかで聞いた事あるようなキャッチフレーズが出て来たかと思えば、宇宙船で地球に攻撃してきた月面ナチス軍に対して、アメリカ大統領が
「一期目で戦争した大統領は必ず再選する。
どの国を攻撃しようか悩んでいたけど、ナチス軍が攻めて来て丁度良かった」といった台詞を吐いたり、
国連会議で北朝鮮代表が、「あの宇宙船は、親愛なる我が首領様が自ら設計し、組み立てられた」とか言って失笑されたりと、昨今の世界情勢も強烈に皮肉っています。
特に、アメリカについては完全に小馬鹿にしてますね(笑)。

極め付けはこの台詞、
「アメリカがまともに倒したのはナチだけ」

っていうか、これ、絶対に方々から怒られますよね。
(噂によると、実際に怒られたっぽいです。そりゃそうだ。)

また、後半は月面ナチス軍対国連軍による、宇宙での艦隊決戦が展開されるんですが、CGも迫力があり、想像以上に楽しめました。
勿論、日本も日の丸背負って参戦しています!
なお、アメリカの戦艦名は「USS・ジョージ・W・ブッシュ」。
なんかもう、やりたい放題って感じですわ(笑)。

面白いと思ったのは、国連軍が月面ナチス軍を倒した途端、その月の資源を巡って世界大戦に発展するところですね。あんた達、ついさっきまで協力し合ってたんじゃないんかい?
やっぱり、共通の敵がいるって、大事な事なんだなぁ。
因みに、我が日本の戦艦はというと、カミカゼ・アタックで攻撃してました(苦笑)。
日本って、やっぱりそのイメージが強いんでしょうか…。

こんな感じで、なかなかイカれた内容ながらも、思った以上に楽しめる映画となっています。
世界情勢に明るい人なら、尚更笑えるかも。
一般的な知名度はあまり無いかもしれませんが、凄くお勧めしたい映画です。


タイトルを選択してください。
邦画タイトル
(合作含む)
洋画タイトル
ジャンル別