私の映画鑑賞記

サイト概要

観た映画のあらすじや感想を好きに書いているサイトです。あくまで個人的な感想としてネタバレも若干含めて書いているので、その辺りはご容赦下さい。



ジャッジ!

2014年製作(日本)
監督:永井聡
脚本:澤本嘉光
製作:吉田繁暁
松崎薫
音楽:平沢敦士

【主要キャスト】
 妻夫木聡(太田 喜一郎)
 北川景子(大田 ひかり)
 豊川悦司(大滝 一郎)
 リリー・フランキー(鏡さん)
 玉山鉄二(竜也)
 荒川良々(カルロス)
 鈴木京香(木沢 はるか)




<あらすじ>
大手広告代理店「現通」の若手CMプランナー・太田喜一郎は、CM制作に対する情熱は誰にも負けないが、その反面、何をやっても上手くいかないダメ社員であった。

ある日、上司の大滝一郎から、名前のアルファベット表記が同じという理由で、世界一のテレビCMを決める「サンタモニカ国際広告祭」の審査員の仕事を無理矢理押し付けられる。

出発前に、広告祭では女性同伴が望ましいとのアドバイスを受けた喜一郎は、苗字の読みが同じという理由で、同僚の大田ひかりに、夫婦という設定での広告祭への同行を懇願。最初は嫌がるひかりも、喜一郎の熱意に負け、渋々同意する。

しかしその後、ひかりと共に現地に渡った喜一郎は、大滝から、自社が出品した「ちくわ堂」のCMを入選させられなければ「クビ」になる事を伝えられる。

<感想>
世の中に映画は数多く存在しますが、何にも考えず、頭を空っぽにして観れるコメディって、実はそれほど多くはないように思います。
そういう意味では、本作は本当に肩の力を抜いて楽しく観れる映画です。

国際映画祭を舞台に、CMプランナー達が自らの作品を持ち寄り、皆でお互いの作品を審査しながら優秀賞を決めるんですが、その審査員達が揃いも揃って、自分の出品した作品を入選させようとあらゆる手を使ってくるんですよ。もう不正だろうが何だろうがお構いなし。
それがもう一々面白くって、悪いことしてるのに笑っちゃいます。

そんな中で、主人公の喜一郎を演じる妻夫木君は、純粋で真面目過ぎるほど真っ直ぐな人間。
それが原因で色んな事に巻き込まれちゃうんですが、彼が苦し紛れにとった行動が何故か上手くいっちゃったりして、逆に皆んなが彼に良い影響を受けたりと、観ている側としても本当に楽しく、そして優しい気分になれます。

クライマックスのシーンも程よい感動があり、最後まで爽やかに観る事が出来る良作だと言えます。

それに、CM業界の裏側も垣間見えたりして、「CM作るのって、大変なんだなぁ」としみじみ思いました。
それにしても、キツネうどんのCMで「※これはネコです」って(笑)。

難しいシーンなどは一切なく、良いテンポで飽きずに観る事ができるので、とにかく楽しい映画が観たい!という方には是非オススメしたいです。


タイトルを選択してください。
邦画タイトル
(合作含む)
洋画タイトル
ジャンル別