私の映画鑑賞記

サイト概要

観た映画のあらすじや感想を好きに書いているサイトです。あくまで個人的な感想としてネタバレも若干含めて書いているので、その辺りはご容赦下さい。



カメラを止めるな!

2017年製作(日本)
監督:上田慎一郎
脚本:上田慎一郎
製作:市橋浩治
音楽:鈴木伸宏&伊藤翔磨、永井カイル

【主要キャスト】
 濱津隆之(日暮隆之)
 真魚(日暮真央)
 しゅはまはるみ(日暮晴美)
 秋山ゆずき(松本逢花)
 長屋和彰(神谷和明)
 どんぐり(笹原芳子)




<あらすじ>
とある廃墟にて、映画撮影のクルー達がゾンビ映画を撮影。
監督は演技に一切の妥協を許さず、完璧な演技を俳優達に求める。
すでにテイクは42テイク目に突入し、俳優や撮影班は疲れ果て、限界に近づいていた。
やむを得ず休憩を入れるクルー達だったが、なんとそこに本物のゾンビが出現!現場はパニックに陥る。
だが監督は、「これこそが本物の映画だ!」とカメラを回し続ける。

<感想>
私がこの映画を観るにあたって、事前に仕入れた情報は「とりあえずゾンビ映画っぽい」という一点のみ。
予告編すら観ずに鑑賞しました。
結論から言うと、それが大正解でした!この映画、何も知らない状態で観るとメチャクチャ面白いです!映画って、こういう手法もあるんですね。とても楽しめました。

冒頭は通常のゾンビ映画として始まるのですが、観ていると随所に違和感が…。
「なんでここでこんな台詞が?」「今の演技、何かがおかしいな」といった細かい違和感がちょこちょこと出てきつつも、前半部分が普通に終了…。

と思いきや、そのまま怒涛の後半戦に突入していきます!前半の違和感の答えも全て観ることができ、もう大満足でした!
後半部分がスタートしたとき、「あれ、同時上映の別の映画が始まったのか?」と錯覚するほどの内容でしたが、その後、全て繋がっていくんですね。
いやぁ、これ考えた人凄いです。ある意味、感動しました!
ちなみに私、DVDでの鑑賞だったんですが、これは映画館で観て、みんなでこの映画の話題を共有したかった…。


タイトルを選択してください。
邦画タイトル
(合作含む)
洋画タイトル
ジャンル別