私の映画鑑賞記

サイト概要

観た映画のあらすじや感想を好きに書いているサイトです。あくまで個人的な感想としてネタバレも若干含めて書いているので、その辺りはご容赦下さい。



清須会議

2013年製作(日本)
監督:三谷幸喜
脚本:三谷幸喜
製作:石原隆
市川南
音楽:荻野清子

【主要キャスト】
 役所広司(柴田勝家)
 大泉洋(羽柴秀吉)
 小日向文世(丹羽長秀)
 佐藤浩市(池田恒興)
 妻夫木聡(織田信雄)
 坂東巳之助(織田信孝)
 寺島進(黒田官兵衛)
 浅野忠信(前田利家)
 鈴木京香(お市)
 中谷美紀(寧)
 伊勢谷友介(織田三十郎信包)




<あらすじ>
天正10年(1582年)、本能寺の変により、織田信長、及び嫡男信忠が共に命を落とした。

当主を失った織田家は早急な後継者の決定を迫られ、その後見に二人の人物が名を挙げる。
一人目は筆頭家老・柴田勝家。そしてもう一人は、謀反人・明智光秀を討伐した羽柴秀吉であった。
勝家は、信長の三男でしっかり者の信孝を、一方の秀吉は、次男でうつけ者と評判の信雄を、それぞれ信長の後継者として推挙する。

この二人と、宿老の丹羽長秀、人数合わせで宿老にされた池田恒興を加えた4名にて、織田家の行く末を決める「清須会議」が開かれようとしていた。

<感想>
日本の歴史における重大事件である「本能寺の変」から、その後の織田家の後継ぎを決める「清須会議」をコミカルに描いた歴史コメディ作品です。

ただ、親切な解説や人物のテロップがほぼ皆無なので、本能寺の変のシーンはともかく、清須会議のシーンは、歴史にある程度詳しくないと、登場人物や話の背景が全く分からないまま物語が進んでしまう事になると思います。

よって、事前に「清須会議」について少し予習をしてから鑑賞する事をお勧めします。その方がきっとこの映画を楽しめるはずです。

それにしても、清須会議という相当に地味な題材を、2時間強の映画として作り上げる事ができる三谷監督って、やはり素晴らしい脚本家なんだと感じました。

役所広司さん演じる柴田勝家と、大泉洋さん演じる羽柴秀吉が中心となり、織田家の後継ぎを巡り駆け引きを繰り広げていくんですが、彼らをして「戦」と表現するほどの真剣勝負を、実にコミカルに描いています。

特に柴田勝家の、無骨で真っ直ぐなんだけど何処か抜けている感じが、思わず「ふふっ」となってしまいます。
それに対して、羽柴秀吉の抜け目のない工作も、「実際にこんな感じだったんだろうなぁ」と思わせるような演技で表現しています。

脇を固める俳優陣も豪華で、それぞれが一癖ある役どころを見事に演じていましたね。
(個人的には、織田信雄役の妻夫木聡さんと、池田恒興役の佐藤浩一さんが良い味を出してました)

ストーリー自体も、変にオリジナルなエピソードを多く盛り込む訳でもなく、ある程度は史実に則った展開になっていて、歴史好きな人でも、違和感なく観ることができるのではないかと思っています。

一つ意見があるとすれば、織田信長が全く強そうに見えなかったという点ですかね。
何だかひ弱な感じで、とても天下統一寸前まで行った人物とは思えなくて、そこがやや微妙でした。
(もしかしたら、敢えてそうしたのかもしれませんが…)

ただ、三谷ワールドはしっかりと展開されていますので、地味ながらも決して駄作ではなく、楽しめる映画に仕上がっています。

歴史好きは勿論、あまり詳しくない人も、これを機に戦国時代の転換点ともいえる出来事を映画で楽しんでみては如何でしょう?


タイトルを選択してください。
邦画タイトル
(合作含む)
洋画タイトル
ジャンル別