私の映画鑑賞記

サイト概要

観た映画のあらすじや感想を好きに書いているサイトです。あくまで個人的な感想としてネタバレも若干含めて書いているので、その辺りはご容赦下さい。



コンジアム

2018年製作(韓国)
監督:チョン・ボムシク
脚本:チョン・ボムシク
パク・サンミン
音楽:ナ・ユンシク

【主要キャスト】
 ウィ・ハジュン(ハジュン)
 イ・スンウク(スンウク)
 パク・ジヒョン(ジヒョン)
 パク・ソンフン(ソンフン)
 オ・アヨン(アヨン)
 ムン・イェウォン(シャーロット)




<あらすじ>
多数の患者が謎の死を遂げ、院長が失踪、その後も不可解な出来事が多発した事で「呪われた病院」として廃院となった「コンジアム精神病院」。

ある夜、肝試しに病院を訪れた二人の少年が、ビデオカメラで撮影しながら、開けたら死ぬと噂されている「402号室」をこじ開けようと試みる。
しかし、映像は途中で途絶え、少年達はそのまま行方不明となった…。

時は経ち、恐怖動画配信を目的としたYouTubeの人気チャンネル「ホラータイムズ」管理者のハジュンは、一般からの参加者を募り、コンジアム精神病院の潜入ライブ配信を計画する。

ハジュンを含めたメインスタッフ3人と、一般参加者4人の計7人で結成された撮影クルーは、動画再生数100万回を目指し一儲けしようと意気込む。
しかし、実はこの配信は、事前にメインスタッフ3人で病院を訪れて細工を施した、いわゆる”やらせ番組”であった。

一般参加者の4人は、そうとは知らずに病院に潜入。次々と起こる不可思議な現象に青ざめるも、再生数は順調に伸びていく。

ところが、院長室で行った降霊の儀式を境に想定外の怪奇現象が続発。クルー達は恐怖の中でパニック状態に陥る。

<感想>
いわくつきの精神病院を訪れるPOV形式のホラーといえば、数年前の作品である「グレイヴ・エンカウンターズ」が有名ですが、「グレイブ〜」と比較すると、怖さに関しては本作の方が上だと感じました。
(あちらも面白いですけどね)

しかも、本作は主人公達が動画配信で再生数を稼いで一儲けしようという、如何にも今風の作りになっています。
また、劇中での撮影方法についても、POV形式の原点ともいえる「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」が手持ちのビデオカメラであったのに対し、本作では定点カメラ、自撮りカメラにドローンまで総動員するという充実の装備。
極め付けは、ネットでのライブ配信ですからね。時代の流れとはすごいものです。
POV形式の映画も手を変え品を変え、色々と工夫するんだなぁと、ある意味で感心しました(笑)。

さて、肝心のストーリーですが、前半はクルー同士の自己紹介から始まり、前夜に前祝いの飲み会→旅行気分で出発→ひと遊びしてから病院に到着→腹ごしらえしてから潜入、という、まぁPOV映画にありがちな前振りとなっています。

その後、病院に潜入してからもあまり派手な展開は無いまま1時間ほど経過。
(ジワッとした怖さはやや伝わってきます)

約1時間半の映画なので、この辺りで若干退屈に思えてくるんですが、残りの30分でいきなりアクセル全開で突っ走っていきます!

それからはもう、畳み掛けるように恐怖シーンが展開していきます。観ているこちらもテンション上がりまくりですよ。

しかも、クルー達がみんな自撮りカメラ(よく芸人さんがテレビで付けるヤツ)を装着しているので、常に画面上に写る恐怖の表情が更に怖さを引き立たせます。
特に、終盤で一人の女性クルーの表情が化け物に変わるシーンがもの凄く不気味で、もう夢に出てきそう…(泣)

因みに、ラストシーンはPOV形式にありがちな終わり方で、特に捻りは無かったですね。
個人的にはもうちょい何かあって欲しかったんですが、これは仕方ないか。
(その点、グレイヴ・エンカウンターズのラストは結構好きです)

まぁ、心霊スポットで撮った動画を配信して大金を稼ごうなんていうナメた連中は最終的にはこうなるよといういい見本ですね(笑)。

皆さんも、決して真似をしないように…。


タイトルを選択してください。
邦画タイトル
(合作含む)
洋画タイトル
ジャンル別