私の映画鑑賞記

サイト概要

観た映画のあらすじや感想を好きに書いているサイトです。あくまで個人的な感想としてネタバレも若干含めて書いているので、その辺りはご容赦下さい。



貞子vs伽椰子

2016年製作(日本)
監督   :白石晃士
脚本   :白石晃士
製作   :堀内大示
桜井秀行
横澤良雄
丸田順悟
江守徹
製作総指揮:井上伸一郎、
高木ジム
音楽   :遠藤浩二

【主要キャスト】
 山本美月(倉橋有里)
 玉城ティナ(高木鈴花)
 佐津川愛美(上野夏美)
 安藤政信(常盤経蔵)
 菊地麻衣(珠緒)
 甲本雅裕(森繁新一)




<あらすじ>
女子大生の有里は、親友の夏美から両親の結婚式のビデオのダビングを頼まれる。
有里達はリサイクルショップでビデオデッキを入手するが、そのデッキに偶然入っていた呪いのビデオを夏美が誤って見てしまう。
2人は都市伝説の研究家でもある大学教授の森繁に助けを求め、霊媒師に夏美の除霊をお願いするも、その余りの怨念の強さに除霊は失敗。
絶望の淵に立たされた有里は夏美を救おうと、呪いのビデオを見て自ら呪いにかかる。

一方、入ると必ず死ぬという噂のある“呪いの家”の向かいに引っ越してきた女子高生の鈴花は、ある夜、何かに引き込まれるようにその家の中に足を踏み入れた。
その様子を目撃した両親が鈴花を助けようとするも、2人は犠牲となり、逃げのびた鈴花にも呪いがかかってしまう。

霊媒師の常盤経蔵は、二つの呪いを解くために、呪いの動画の貞子と呪いの家の伽椰子を激突させ、同時に消滅させるという驚愕の秘策を思いつく。

<感想>
なんか観る前は、「なんで安易にこういう事するかな〜」とか、「絶対ギャグっぽくなるよなぁ」とか思いながら、その組み合わせには懐疑的だったんですが、いざ鑑賞してみると、これが予想に反してなかなか面白いんですよ!
やっぱり、映画ってのは実際に観て評価しないとダメですね。

日本の2大ホラーヒロインといっても過言ではない貞子と伽倻子。しかし、武闘派ではなく、呪いによって人を死に至らしめるこの二人がバトルって、一体どうやって!?と、初めはその出来を疑いながらの鑑賞だったんですが、実際に観てみると、それはもう、かなりの白熱したバトルになっていまして、ただただ真剣に観入ってしまいました!

しかも、単純なバトル映画ではなく、ちゃんとそれぞれの作品の従来の怖さも出ていて、良い意味で裏切られた気分でした。しっかりホラー映画になっております。
最期を変にハッピーエンドにするのではなく、バッドエンドにした事も、私の中では高ポイントです。
(どういう結末かは、実際にご覧下さい)

ただ、個人的には、安藤政信さん演じる経蔵には最期もう少し頑張って欲しかったなぁ。終盤、意外とあっさり離脱した印象だったもので。
山本美月さん演じる有里の方が中盤以降、いろいろ頑張ってたように思います。まぁ、元を正せばこの娘が「このビデオ観てみようか」なんて言い出さなければよかったんですけどね。それを言っちゃあ身も蓋もありませんが…。

それにしても、他のバトルものである『エイリアンvsプレデター』や『フレディvsジェイソン』等もそうですが、こういう他の映画のモンスター同士が闘う映画って、私の経験上、意外とハズレが無いんですよね。
この作品もまた然り。二人のバトルと恐怖を存分に味わってください!


タイトルを選択してください。
邦画タイトル
(合作含む)
洋画タイトル
ジャンル別