私の映画鑑賞記

サイト概要

観た映画のあらすじや感想を好きに書いているサイトです。あくまで個人的な感想としてネタバレも若干含めて書いているので、その辺りはご容赦下さい。



桜田門外ノ変

2010年製作(日本)
監督:佐藤純彌
脚本:江良至
佐藤純彌
音楽:長岡成貢

【主要キャスト】
 大沢たかお(関鉄之介)
 長谷川京子(関ふさ)
 柄本明(金子孫二郎)
 生瀬勝久(高橋多一郎)
 伊武雅刀(井伊直弼)
 北大路欣也(徳川斉昭)




<あらすじ>
水戸藩士の下級武士の家に生まれた関鉄之介は、妻や息子と穏やかな暮らしを送っていた。
同じ頃、幕府大老・井伊直弼の専横は止まる事を知らず、開国派として幕府に逆らう者は片っ端から処罰された。やがてその矛先は、水戸藩主父子にも向けられる事となる。

水戸藩の武士達は、この事態に危機感を強め、井伊直弼暗殺を決意。藩士である鉄之介も妻子に別れを告げ、井伊を討つため江戸へと向かう。
鉄之介は18人の襲撃部隊の指揮官となり、桜田門外にて井伊の暗殺に成功するが、同時に多くの仲間が犠牲となる。

その後、鉄之介は薩摩藩による幕府制圧に参戦すべく京都へと向かうが、薩摩藩は藩主が交代した事で方針が変わり、出兵は取り止めとなっていた。
薩摩藩によって梯子を外された鉄之介達は、一転して追われる身となってしまう。

<感想>
皆さんも歴史の授業で一度は耳にしたことのある「桜田門外の変」。
教科書的に説明すれば、ペリー来航後、アメリカとの不平等条約の締結を強行し、開国反対派を次々と粛清(安政の大獄)した幕府大老・井伊直弼を、水戸の脱藩浪人達が襲撃し、暗殺した事件となります。

本作は、この「桜田門外の変」、及び、その前後譚を忠実に扱った映画です。
この幕末の転換期となった事件を、水戸側の指揮官・関鉄之介の視点で描いています。

とは言え、肝心の襲撃シーンはほんの数分で、後は殆どが襲撃前の決意のシーン、及び襲撃後の逃亡シーンであるため、幕末に興味のない人にとっては、些か退屈な映画に感じてしまうかもしれません。

しかし、幕末の空気に少しでも興味のある人にとっては、かなり感情移入して観ることができるのではないでしょうか?

黒船来航から始まり、井伊直弼による独断での条約締結。しかも、反対意見を述べる者に対する苛烈な粛清。
アヘン戦争後の清国の末路を知った者からすれば、独断で結ばれた不平等条約が今後どのような結果をもたらすのかを肌身で感じていたでしょうし、それを実行した井伊直弼を討つべし、というのも充分に理解できます。

しかし、幕府側の、アメリカの圧力を押し返すだけの武力を持ち合わせていない日本は、一旦は不平等条約であれ受け入れざるを得ないと判断する事も、至極当然であり…。
これは一概にどちらが正しい、間違っていると言い切れる問題ではないですよね。

まぁ、そんな条約の是非は置いといて、映画について話すと、襲撃のシーンは相当に作り込んでいるなぁという印象です。
井伊直弼の首を取るところまでリアルに再現されていて、血糊の量も相当です。こういうのが苦手な方にとっては、観るのは少々キツイかも。

そして、後半の殆どを締める逃亡シーンは、観ていて辛くなります。本懐を遂げたにも関わらず、薩摩藩に梯子を外され、各地に散らばるも次々と捕縛される同志達。
やがて水戸藩からも追われる立場となり、行き場がなくなる鉄之介の姿がとても不憫でした。

ただ、今の時代に生きる我々から見るからこそ、彼らの事を英雄として感情移入できるのであり、当時ではその行いは間違いなくテロ行為であり、追い詰められるのは当然の事。
今の時代で例えれば、内閣の副総理を茨城県の地方公務員が襲撃して暗殺してしまうようなものですからね。そりゃあ、とんでもない事ですよ。

しかし、この事件がその後の倒幕に大きな影響を及ぼしたのは紛れもない事実ですし、そう考えると、彼らの行動も決して無駄ではなかったと言えますね。

そんな事を考えながらの鑑賞でした。まぁ、価値観は人それぞれでしょうが、この日本史の大きな転換点をこうして映画で観るのも、また良いものですね。


タイトルを選択してください。
邦画タイトル
(合作含む)
洋画タイトル
ジャンル別