私の映画鑑賞記

サイト概要

観た映画のあらすじや感想を好きに書いているサイトです。あくまで個人的な感想としてネタバレも若干含めて書いているので、その辺りはご容赦下さい。



進撃の巨人 ATTACK ON TITAN

2015年製作(日本)
監督:樋口真嗣
脚本:渡辺雄介、町山智浩
音楽:鷺巣詩郎

【主要キャスト】
 三浦春馬(エレン)
 長谷川博己(シキシマ)
 水原希子(ミカサ)
 本郷奏多(アルミン)
 三浦貴大(ジャン)
 桜庭ななみ(サシャ)
 石原さとみ(ハンジ)
 ピエール瀧(ソウダ)
 國村隼(クバル)




<あらすじ>
100年以上前、人類は巨人たちに襲われ、絶滅の危機に瀕していた。
生き残った人々は、巨人から身を守るために巨大な壁を三重に築き、その中でひっそりと生き延びていた。
その後、長く平和が続き、巨人のことも最早伝説となりつつあったある日、突如として「超大型巨人」が出現。エレンは幼馴染ミカサやアルミンと共に逃げるが、その途中、ミカサが逃げ遅れてしまう。
壁は破壊され、そこから雪崩れ込んできた巨人たちによって多くの人々が捕食され、逃げ延びた人々は最も外側の農業地区を放棄し、更に内側の商工地区に撤退する。

数年後、青年になったエレンたちは『外壁修復作戦』のメンバーとして調査兵団に入隊。人類最後の希望として、破壊された壁を修復し、巨人たちに奪われた地区を取り戻すべく、任地に赴く…。

<感想>
人気漫画の映画化という事で、かなりの話題になりつつも、蓋を開けてみれば、その出来に多くの人が酷評。
そこまでボロクソに批判されるとは、一体どんな作品になっているんだろう、と逆に興味を掻き立てられながら鑑賞。
(因みに、原作は始めの数巻を読んだ程度)

観終わって思ったのは、「あれ、意外と面白いじゃん!」
正直、何であんなに叩かれまくってたのか分からないですね。まぁ、私があんまり原作に対して思い入れが強くないからなんでしょうが…。
でも、始めの巨人が雪崩れ込んで人々が喰われていくシーンなんか、よくあそこまでリアルに作ったなぁと感心しました。あの巨人達の気味悪い表情とか(笑)
それに、立体機動装置による戦闘シーンも実写で観られたし、それだけでとりあえず私は満足で御座いますよ。つーか、あれよくワイヤーが絡まないで使えるなぁと感心しました。

それにしても、この前編、単行本だと1〜3巻辺りの内容といったところでしょうか。
そこまで忠実ではないにしろ、世界観は充分出ていたと感じます。
私みたいに熱狂的な原作のファンでなければ、なかなか楽しめる内容だと思いますよ。


タイトルを選択してください。
邦画タイトル
(合作含む)
洋画タイトル
ジャンル別