私の映画鑑賞記

サイト概要

観た映画のあらすじや感想を好きに書いているサイトです。あくまで個人的な感想としてネタバレも若干含めて書いているので、その辺りはご容赦下さい。



進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド

2015年製作(日本)
監督:樋口真嗣
脚本:渡辺雄介、町山智浩
音楽:鷺巣詩郎

【主要キャスト】
 三浦春馬(エレン)
 長谷川博己(シキシマ)
 水原希子(ミカサ)
 本郷奏多(アルミン)
 三浦貴大(ジャン)
 桜庭ななみ(サシャ)
 石原さとみ(ハンジ)
 ピエール瀧(ソウダ)
 國村隼(クバル)




<あらすじ>
巨人達に襲われ絶体絶命だったアルミンやミカサ達だったが、突如巨人化したエレンが他の巨人達を撃退したことで救われる。
しかし、人間の姿に戻ったエレンは、クバル主管に反乱分子ではないかと疑われ、処刑されそうになる。
エレンに向けて銃が向けられたその瞬間、全身が鎧のような巨人が現れ、エレンを連れ去ってしまう。

<感想>
さて、前作に負けず劣らずボロカスに評価されている後編ですが、そこまでク◯映画呼ばわりされていたら、却って観たくなるもの。
という訳で鑑賞してみたのですが…。

結論から申し上げると、こちらもそこまで悪くないんじゃない?というのが正直な感想です。まぁ、私が原作に何の思い入れもないからだとは思いますが。
巨人の造形や壁の中という世界観はある程度原作に沿ってますし。むしろここまでストーリーをオリジナルにしてしまえば、これはこれでアナザーストーリーとして充分楽しめるレベルだと感じます。
(ここでは敢えてそのストーリーには触れませんが…)

そのストーリー展開もそんなに矛盾した内容でもなく、原作は置いといて、まぁこういうのもアリだよね、といったところです。
細かい粗探しをすればキリがないので、まずは楽しむのが大切です!

さすがに途中で女子高生やコンビニの映像が出てきた時はある意味衝撃でしたが、現代のこの世界もやがてこの映画の様な世界に変貌するのではと想像すれば、それもまた楽しいものですよ。
という訳で皆さん、ネットの酷評に負けず、まずは自分の目で確かめましょう!


タイトルを選択してください。
邦画タイトル
(合作含む)
洋画タイトル
ジャンル別