私の映画鑑賞記

サイト概要

観た映画のあらすじや感想を好きに書いているサイトです。あくまで個人的な感想としてネタバレも若干含めて書いているので、その辺りはご容赦下さい。



スナッチャーズ・フィーバー -喰われた町-

2014年製作(カナダ)
監督:ジェイ・ダール
脚本:ジェイ・ダール
製作:ジェイ・ダール
ウィリアム・T・ストロンバーグ

【主要キャスト】
 クリスティン・ランジール
 ガイ・ジャーメイン
 マシュー・エイミオット
 ジェイソン・デイリー




<あらすじ>
ドキュメンタリー作品の制作のため、とある田舎町に取材にやって来たハートン大学映画学科の4人の学生達。
始めは順調に撮影を進めていくが、やがて住民たちの様子が奇妙なことに気付く。
後ろ向きで立ったまま動かない者や、豚の仮面をかぶった子供など、不気味な住民たちに遭遇した彼らは徐々に不安を募らせていく。

<感想>
この作品、ネットで予告動画を観て、その衝撃的な映像に「これは結構面白そう!」と思い、早速レンタルビデオ店に直行。
予告動画を見る限り、完全にホラーだろうと断定し、レンタルビデオ店のホラー映画コーナーを端から物色するも見つからず。
仕方なくお店の端末で検索すると、なんとSFコーナーに置いてありました。個人的にはSFじゃないだろ〜と思いつつも、あまり気にする事なく鑑賞。

う〜ん、確かに得体の知れない何かに徐々に浸食されていくという意味では、SF要素も少しはあるかなぁといったところです。
とはいえ、私の中では完全にホラー映画としてカテゴライズされてます。
後ろ向きで立っていた女性が、次の瞬間、世にも不気味な表情で飛びついてくるシーンなんか、ビビリすぎて身体が浮きました(笑)
(このシーン、予告でも観られますが、マジでビックリします)

他にもビビらせたり不気味な雰囲気のシーンが多く、とても面白い作品ではあるんですよ。前半の何とも言えない不気味さと、後半の怒涛の展開もなかなかよい感じです。

だがしかし、残念ながらこの映画、とにかくカメラワークが悪過ぎます!
一応、ビデオカメラによるPOV形式の作品であり、後半は特に撮影しながら逃げ惑うシーンが多いため仕方がないのですが、それにしても、もうちょっと綺麗に撮れなかったのかと…。
終盤はもう、何が映っているのか分かりませんから(苦笑)

まぁ、本来なら逃げ惑いながら撮影すればこうなるよなぁと納得はするんですけどね。そういう意味では、他のPOV作品はやや不自然とも言えますよね。
でも、一応映画だし、もう少し観やすくして欲しかったなぁ…。
決してつまらない作品ではないんですけどね。非常に惜しいなぁと感じました。


タイトルを選択してください。
邦画タイトル
(合作含む)
洋画タイトル
ジャンル別