私の映画鑑賞記

サイト概要

観た映画のあらすじや感想を好きに書いているサイトです。あくまで個人的な感想としてネタバレも若干含めて書いているので、その辺りはご容赦下さい。



天地明察

2012年製作(日本)
監督:滝田洋二郎
脚本:加藤正人、滝田洋二郎
音楽:久石譲

【主要キャスト】
 岡田准一(安井算哲)
 宮崎あおい(村瀬えん)
 佐藤隆太(村瀬義益)
 市川猿之助(関孝和)
 横山裕(本因坊道策)
 染谷将太(徳川家綱)
 中井貴一(水戸光圀)
 松本幸四郎(保科正之)




<あらすじ>
江戸時代前期、一介の碁打ちながら、会津藩主・保科正之に目を掛けられ、天文や算術にも深い興味を示す青年・安井算哲(後の渋川春海)は、お役目の上覧碁(将軍の御前で碁を打つ事)で、旧知の仲である本因坊道策との碁を披露。
しかし、既に決められていた打ち筋を無視し、勝手に真剣勝負をした事で、将軍からは絶賛されるも、師匠からその後こっぴどく叱られてしまう。
その直後、正之に呼び出された算哲は、日本各地で北極星の位置を観測する「北極出地」への出立を命じられる。困難を極めた旅の道中、算哲とその一行は、暦がずれている事を知る。
北極出地を終え、その成果を幕府に報告した算哲は、ずれた暦を是正するため、改暦という一大事業の責任者に任命される。

<感想>
電卓やパソコンは勿論、地図や時計も満足に無かった江戸時代前期、算術と天測を駆使し、日本独自の暦を作るため奮闘した安井算哲の半生を描いた作品です。
改暦を快く思わない勢力からの様々な中傷や妨害に遭い、任務は困難を極めますが、理解ある協力者達や妻と手を取り合い、一大事業を成し遂げるべく努力する姿は、観ていてとても気持ちがいいです。

そして、先番無敗という驚異の記録を打ち立てた本因坊道策、和算の始祖と謳われる関孝和の両名との関わりも、とても興味深く描かれてますね。
お互いの才能、努力を認め合いつつも、どこか嫉妬心も入り混じった不思議な感覚で結びついているようにも感じました。 天才同士の人間関係というものは、往々にしてこのようなものなんでしょうかね。

このように、日本独自の暦を作成という快挙を成し遂げた算哲ですが、その裏には、妻・えんの献身的なサポートがあったことも忘れてはいけませんね。
二人のやりとりがとても微笑ましく、ときに厳しく、ときにコミカルに描かれていて、夫婦とはこうありたいなぁと思ってしまいます。
しかも、なんとこの2人、その後も仲睦まじく暮らし、同じ年、同じ日に亡くなったと言われているそうです。なんとも素敵な話ですね。


タイトルを選択してください。
邦画タイトル
(合作含む)
洋画タイトル
ジャンル別