私の映画鑑賞記

サイト概要

観た映画のあらすじや感想を好きに書いているサイトです。あくまで個人的な感想としてネタバレも若干含めて書いているので、その辺りはご容赦下さい。



突入せよ! あさま山荘事件

2002年製作(日本)
監督   :原田眞人
脚本   :原田眞人
製作   :佐藤雅夫
製作総指揮:原正人
音楽   :村松崇継

【主要キャスト】
 役所広司(佐々淳行(警視正))
 宇崎竜童(宇田川信一(警視))
 伊武雅刀(野間長野県警本部長)
 天海祐希(佐々幸子)
 豊原功補(内田尚孝(第二機動隊 隊長))
 藤田まこと(後藤田正晴(警察庁長官))




<あらすじ>
1972年2月19日、過激派組織である連合赤軍メンバー捜索のためパトカーで警戒中だった長野県警機動隊は、発見した足跡を追跡していたところ、過激派の急襲を受けてしまう。
その後、現場から逃走した過激派メンバーは 近くにあった「あさま山荘」に侵入し、管理人の妻を人質に立て籠もった。

時を同じくして、英国の研修を終え帰国した警察庁の佐々淳行警視正は、後藤田正晴警察庁長官から呼び出され、あさま山荘の過激派鎮圧警備を命じられる。

その後、軽井沢に到着した佐々たち指揮幕僚団は、縄張り意識の強い長野県警との対立や劣悪な無線環境、そして、食事も凍ってしまう程の冬の厳しい寒さに悩まされる。
更には、民間人に死者を出してしまった事で佐々は苦境に立たされてしまう。

報道も日を追うごとに加熱し、全国民がその警備の動向に注目する中、佐々たち警察側は遂にあさま山荘への強行突入を決断する。

<感想>
本作は、かの有名な「あさま山荘事件」を警察側から描いた映画です。連合赤軍側の描写はほぼ無く(ちらっと姿が見える程度)、徹底的に警察側の視点に絞ってストーリーが展開されています。

皆さんの中で「あさま山荘事件」と言えば、大きな鉄球で山荘を壊している映像のイメージが強いと思うんですが、この映画を観ると、あそこまで実行するにしても、もの凄い紆余曲折があったんだというのを思い知らされます。

主人公でもある、役所広司さん演じる佐々淳行警視正は、後藤田長官から直々に指揮を任されるんですが、役職も曖昧なまま送り込まれ、現地での調整にもの凄く苦労している様子が描かれています。

現場の軽井沢が長野県警の管轄であるため、県警側は「東京もんが、俺たちの縄張りで勝手な事するな」と言わんばかりに凄んでくるし(その割には何も出来ない)、発泡は許可されていないし、マスコミはうるさいし、弁当は凍って食えないし、世論は連合赤軍に割と寛容だし、民間人は勝手に山荘に侵入して撃たれて死ぬし、もうこんなドタバタな感じで、着任早々、如何に佐々氏が苦労したか、映画を観るだけでもよく伝わってきます。
「時々、誰と戦っているのか分からなくなるよ。」という台詞がそれを物語ってますね。

その県警側とのメンツの張り合いですが、この映画では割とコメディタッチで描かれています。
担当する仕事の割り当ての時点で既にお互いバチバチの状態。県警側は「警視庁はすっこんでろ」の一点張りで、仕舞いにはお互い旧陸軍時代の階級まで持ち出していがみ合って、ストーリー前半は、もうホントにしょーもない争いが展開されます。
(個人的には結構面白おかしくて好きなシーンではありますが)

この辺りの描写は、佐々淳行氏の著書でも同じ様に書かれていたので、ある程度実話に沿っていると思われます。

そんな感じで、前半は割と気楽に観れる内容なんですが、その反面、後半の突入シーンは緊張感たっぷりに描かれています。前半のコメディ要素はほぼ皆無です。
ライフル銃をバンバン撃ってくる赤軍側に対し、警察側の攻撃手段は当初、放水と催涙ガスのみ(終盤にやっと発砲許可が出ます)。本部と前線を繋ぐ無線の性能も極めて悪く、最前線の混乱っぷりは目を覆いたくなるほど。

頼みの綱の鉄球も、初めは上手く行ったものの、放水銃の水を浴びて電源がショートし、早々に使用不可となります。

そんな中、遂に恐れていた殉職者が出てしまいます。茫然とする本部と、仇を討つと激高する最前線の機動隊員たち。
観ていて辛くなるシーンです。

終盤、混乱極まる中、責任者である佐々氏がとった方法は、なんと最前線での現場指揮。
逼迫した現場の雰囲気が伝わってきて、なかなかの緊張感です。

そして、クライマックスの人質救出シーンでは、実際に起きた事件なので結果は分かっているんですが、やはり改めてホッとしますね。「あぁ、生きてた!良かった!」って率直に思いました。
日本の警察、本当に素晴らしいです!

私の中では、徹底的に警察側の描写に絞った事がこの映画にとっては良かったと感じています。
一応、連合赤軍側視点の作品も観たことがありますが、正直言って彼らの主張には全く共感出来なかったので。
(そりゃあ、あんな山岳ベース事件なんて見せられたら、共感もクソも無いですよ)

まぁ、現代史の中では割と大きな事件だと思いますので、映画を通してこういった事件の内側を知るのもいいことだと思います。
純粋に映画としても面白いので、是非オススメしたい一本です。


タイトルを選択してください。
邦画タイトル
(合作含む)
洋画タイトル
ジャンル別