私の映画鑑賞記

サイト概要

観た映画のあらすじや感想を好きに書いているサイトです。あくまで個人的な感想としてネタバレも若干含めて書いているので、その辺りはご容赦下さい。



冷たい熱帯魚

2010年製作(日本)
監督:園子温
脚本:園子温、高橋ヨシキ
製作:杉原晃史
音楽:原田智英

【主要キャスト】
 吹越満(社本信行)
 でんでん(村田幸雄)
 黒沢あすか(村田愛子)
 神楽坂恵(社本妙子)
 梶原ひかり(社本美津子)
 渡辺哲(筒井高康)




<あらすじ>
小さな熱帯魚店を営んでいる社本は、死別した前妻の娘と現在の妻の3人で暮らしていたが、娘と妻の折り合いも悪く、3人の関係は冷え切っていた。
一家の主である社本であるが、波風が立つのを嫌う性格であり、家族の確執にも全く向き合おうとしない。

そんな彼の態度に愛想をつかせた娘は非行に走り、ついにはスーパーで万引きをしてしまう。
娘の万引き発覚で窮地に陥る社本だったが、偶然その場に居合わせた、スーパー店長と懇意のある村田の懇願により、店長は娘の万引きを許す。
大型熱帯魚店を経営する村田は、同業者ということもあり、娘を住み込みのバイトとして雇い入れ、面倒を見る事を提案する。

その親切さと人の良さにすっかり心を許した社本は、村田夫婦との交流を開始する。
だが、村田が熱帯魚を法外な値段で売り付ける悪逆非道なビジネスを行い、殺人も厭わない人物であると気付いた社本は、既に引き返すことのできない状況に陥っていた。

<感想>
1993年に実際に起きた『埼玉愛犬家連続殺人事件』を題材とした、実話を基にした作品です。
っていうか、これ本当に実話がベースなの?って思うくらい、映画の内容は衝撃的でしたね。でも、ネットで上記事件を調べた結果、大筋ではこの映画と同じでした。信じられん…。

因みにこの映画、グロ耐性が無い方は観ない方がいいかも。トラウマになるかもしれませんので。
スプラッターものが割と平気な私でも、この映画については、初見は「おぉっ…」ってなりましたよ、さすがに。

殺した相手の遺体を、鼻歌まじりに解体するシーンなんて、これ出演者はどんな気持ちで撮影してたんだろう…。そんな余計なことまで考えてしまいました。

村田を演じているでんでんさん、他の映画では気の良いおじさんを演じている時もあるんですが、この村田のインパクトがデカ過ぎて、この人の何の作品を観ても、「実は裏で人を殺してるんじゃないか」っていうイメージが私の中で出来上がっちゃった程です(苦笑)。

ただ、一見グロ描写ばかりに目がいきそうですが、映画としては非常によく出来ていると思います。
波風立てずに生きてきた気弱な男である社本が、押しの強い村田のペースにどんどん引っ張られていき、やばいと思った時には既に後戻りできない状況になっている。何だか現実に起きそうな話で、観ていて怖くなります。
気付けば物語に引き込まれ、ラストまで一気に観てしまいました。

主演の吹越満さん、気の弱いおじさんである社本を上手く演じたなぁと思います。こういう人、実際にいますもんね。最後のブチギレからの怒涛の展開はちょっと笑ってしまいましたが。

そして何よりも、でんでんさんの怪演がもう怖いくらいに凄まじいです!
「ボディを透明にする」なんてにこにこ笑いながら話したり、この狂っている感じが何とも言えません。

まぁ、ここまで読んでいただければご理解いただけると思いますが、かなり人を選ぶ映画だという印象です。
でも、決して期待は裏切らないので、興味&グロ耐性がある方は、是非ご覧下さい。


タイトルを選択してください。
邦画タイトル
(合作含む)
洋画タイトル
ジャンル別