私の映画鑑賞記

サイト概要

観た映画のあらすじや感想を好きに書いているサイトです。あくまで個人的な感想としてネタバレも若干含めて書いているので、その辺りはご容赦下さい。



ウトヤ島、7月22日

2018年製作(ノルウェー)
監督   :エリック・ ポッペ
脚本   :シヴ・ラジェンドラム・エリアセン
アンナ・バッヘ=ヴィーク
製作   :フィン・イェンドルム
スタイン・B・クワエ
製作総指揮:スタイン・B・クワエ
フィン・イェンドルム
エリック・ポッペ

【主要キャスト】
 アンドレア・ベルンツェン(カヤ)
 エリ・リアノン・ミュラー・オズボーン(エミリエ)
 ジェニ・スベネビク(オーダ)
 アレクサンデル・ホルメン(マグヌス)




<あらすじ>
2011年7月22日、ノルウェーの首都オスロの政府庁舎前で車に仕掛けられていた爆弾が爆発し、多数の死傷者を出す爆破テロが発生した。
治安が安定した北欧の国での突然の出来事に国中が混乱する中、オスロから40キロ離れたウトヤ島で、カヤとその妹は、毎年開催されるノルウェー労働党青年部によるサマーキャンプに参加していた。
キャンプファイヤーやバーベキューをしながら国の将来について語り合うという、平和な集いのはずだったが、突如どこからともなく銃声が響き渡り、参加していた若者達は何が起こっているのかも分からないまま逃げ惑う。
カヤも混乱の中で妹と逸れてしまうが、恐怖の中、勇気を奮い起こして妹を捜すべく動き出す。

<感想>
2011年7月22日、ノルウェーの首都オスロでの爆破テロ事件直後、同国のウトヤ島で発生した無差別銃乱射事件について、カヤという主人公の女性の視点で描かれた作品です。
この作品の上映時間は72分間。事件発生から終息までに要した時間と同じとの事です。しかも、その72分間をなんとワンカットで撮影しています。音楽も一切ありません。

なので、緊張感がハンパないです!
ウトヤ島のキャンプ場で突如響き渡る銃声。始めはそれが銃声かも分からず、遠くからこちらに逃げてくる人々の姿が、何か只事ではない事態である事を匂わせます。

一体何が起こったのか?
銃声のように聴こえたが、本当に銃声なのか?
誰が銃を撃っているのか?
犯人は一人なのか、それとも複数いるのか?

何も分からない状況で、ただ逃げ惑う主人公達。そして、この間にも更に響き渡る銃声。前半はこれらの恐怖が非常によく伝わってきます。
まるで、無差別乱射事件を疑似体験しているかのようでした。

その後、撃たれて倒れている女性を介抱するも、自分の目の前で死亡。これが恐怖感に拍車をかけ、更に逃げ惑うことになります。

このように、前半〜後半にかけては非常に緊迫した展開なのですが、終盤に向かうにつれて、その緊張感は若干トーンダウンしていきます。
物陰に隠れながら、仲間と、無事に帰れたら何をしたいか等を語り合ったりするシーンが終盤にあるんですが、個人的には長過ぎるなぁと感じました。
まぁ、そういうところも含めてリアルに作っているとは思うんですが、前半の緊張感がハンパじゃなかっただけに、終盤はやけに落ち着いちゃいましたね。

そこがやや残念なポイントではありましたが、全体としては非常に見応えのある作品でした。
なお、ラストは敢えてここでは書きませんが、いろんな意味で悲劇的だなぁという感じです。続きは、ぜひ映画をご覧になって下さい。


タイトルを選択してください。
邦画タイトル
(合作含む)
洋画タイトル
ジャンル別