私の映画鑑賞記

サイト概要

観た映画のあらすじや感想を好きに書いているサイトです。あくまで個人的な感想としてネタバレも若干含めて書いているので、その辺りはご容赦下さい。



バンクーバーの朝日

2014年製作(日本)
監督:石井裕也
脚本:奥寺佐渡子
製作:稲葉直人
菊池美世志
音楽:渡邊崇

【主要キャスト】
 妻夫木聡(レジー笠原(ショート))
 亀梨和也(ロイ永西(ピッチャー))
 勝地涼(ケイ北本(セカンド))
 上地雄輔(トム三宅(キャッチャー))
 池松壮亮(フランク野島(サード))
 高畑充希(エミー笠原)
 佐藤浩市(笠原清二)




<あらすじ>
1900年代の初め、不景気に喘ぐ日本では、多くの者が新天地を目指し、カナダに渡った。
しかし、そこで彼らを待っていたのは、過酷な労働と貧困、そして激しい差別であった。

そんな彼らにも、一つの希望があった。
それは、日本人街に誕生した唯一の野球チーム「バンクーバー朝日」であった。
体格で上回るカナダ人相手に、試合に出ては負けを繰り返し、リーグでは最下位の常連であったが、その一生懸命なプレイは、厳しい生活を送っていた現地の日本人達にとって一筋の光となっていた。

ある日、チームのキャプテンを任されていたレジー笠原は、相手選手の大柄で鈍そうな体格を逆に利用し、セーフティバントと盗塁を駆使して戦う事を思い付く。
この作戦が見事に的中し、念願の得点を取ることに成功した
これをきっかけに、その大胆かつ緻密な戦法は「サムライ野球」と呼ばれ、肩身の狭い思いをしていた現地の日系移民達に勇気と希望をもたらした。
また、試合中にどれだけ差別的な扱いを受けても、あくまでフェアプレーを貫き、必死に戦う日本人チームに対し、白人社会からも賞賛の声が上がり、徐々に人気チームへと変化を遂げていった。
その後も勝利を重ねたバンクーバー朝日は、遂にシーズン優勝を賭けた大一番への挑戦権を得る。

<感想>
1914~41年の27年間、戦前のカナダで活躍しながらも、日本軍の真珠湾攻撃を境に敵と見做され収容所行きとなり、更に約60年の時を経て、2003年にカナダ野球殿堂入りを果たした日系移民の野球チーム「バンクーバー朝日軍」の実話を基にした感動作です。

当然、物語の都合上、野球のシーンが多くなるのですが、どうやら敢えて野球経験者の俳優を集めて、リアリティに拘ったそうですね。
なので、試合のシーンも、よくあるような未経験者が無理矢理演じている感じではなく、まるで普通の試合のような雰囲気です。
グラブ捌き一つとっても、さすが経験者って感じでした。

そして、万年最下位の「バンクーバー朝日軍」が、今や日本野球の象徴ともいえる「スモールベースボール」で勝利を積み重ねていけるチームに成長するところが、観ていて実に気持ちいいです!

差別からくる圧倒的に不利な判定にも耐え続け、フェアプレーに徹する事で現地白人達の支持も得ていくシーンは、同じ日本人として本当に素晴らしいです。
映画で観ている私達でさえそういう気持ちにさせるんですから、当時の日系人に与えた勇気は相当なものだったんでしょうね。

しかし、そんな彼らにも戦争の影が忍び寄り、それはやがて収容所送りという過酷な現実として突きつけられます。
今まで、当たり前のように出来ていた野球がある日突然出来なくなる。それどころか、生活の自由さえ奪われる。理由は敵国の人間だから。
今の平和な時代の中で過ごしている我々には想像もつきません…。

ただ、それから60年後の未来に名誉回復が果たされたことは、彼らにとっても大きな救いになったのではないでしょうか。 (殿堂入りの表彰式では、当時の朝日軍の選手5人が招待されたそうです)

この映画について、何故か世間の評価はあまり高くないそうですが、個人的には静かな感動を呼ぶ良作だと思います。 観て損はありません。


タイトルを選択してください。
邦画タイトル
(合作含む)
洋画タイトル
ジャンル別